副主任より♪

来週末には大晦日を迎えるまで今年も残りわずかになりました…。急に1日1日が大切なものに感じてしまう今日この頃です。
今年は、ふらっと保育園の開園と忘れられない1年になりました。私事ですが、先月には九州に住む祖母の白寿のお祝いに行きました。あっという間の一年に思えても楽しかった事、勉強になったこと、反省したことetc…たくさんの毎日が詰まった1年なんだなと振り返り、来年はどんな新しい一年にしたいかと考え手帳に書き込んでいます☆
先日は日本理科教育学会 第55回関東支部大会で『幼児の科学につながる気づきと芽生えについて』ポスター発表に参加させていただきました。年齢ごとに、あそびの一場面から科学に結びついている姿を見つけました。偶然に風を見つけたことを喜んだり、好きなことに集中してあそんでいたり、不思議を見つけてあそんでいたり、インスピレーションから制作してみたり、考えたものを立体的につくったりと、クラスによって成長段階が見えました。私たちには何気ない子どもの姿でも…じっくりと寄り添うことでその場で感じている子どもの学びを知ることが出来ました。あっ危ないと止めてしまいそうな場面(もちろん本当に危険な時は別ですが…)でも、そばでそっと見守る事で成長につながる発見があるかもしれない!と思い声をかけるタイミングは、とても難しく大切な事と学びました。

主任より♪

「師走です」
早いもので、12月。冬の季節になりました。みなさんの「12月の冬」は、どんなイメージですか?
クリスマス、イルミネーション、プレゼント、期末テスト、終業式(学生がいる家庭のみですね・・・)、年末、大掃除、宝くじ・・・などなど1年の締めくくりは、忙しいせいか、たくさん連想されます。私(菅野)は「こたつでみかんかアイス」です?!小さな幸せです。

先日、園庭に小みかんの木が仲間入りしました。早速「みかんにお水あげたい!」とやさしい気持ちが見られました。次の日には、もう実はなくなっていましたが・・・
「子どもは風の子」と言いますが、本当に子ども達は外遊びが大好きです。これからどんな冬らしい遊びをするのか、楽しみです。