研修担当理事より

 A場面   子ども百態・こども百態・小友百態・コドモ百態・子供百態・小供百態
    ★ 入室する大人に  持っている本を、高く掲げてやってくる子
               両手をあげて、激しく突進してくる子
               両足のトンネルに、笑顔で頭を突っ込む子
    ★ 園庭にて仲間と  無我夢中で、目的もなく、ただ走りまわる子
               無言で、やみくもに、砂山を作り続ける子
               必死で、ジャングルジムの頂上を目指す子
    ★ 室内の片隅で   仮キッチンで、パスタ料理を楽しむ子
               父母を真似て、大人の会話を楽しむ子
               机に向かい電車のデザインに打ち込む子
        ➡ 自分自身の力で、考え、判断し、行動する「ふらっと」の子どもたち !!
 B場面 鼻水が出ている子どもを目前にした、保育者は?
    ★(過去の対応) 「鼻水が出ているよ!」と言って、保育者が、強制的にちり紙で鼻水を拭きとる。
    ★(現在の対応) 「鼻水が出ているよ!」と言って、保育者が、「Aちゃん、どうする?」と尋ねる。
        ➡ 子どもの考えや、子どもの気持ちを大事にする「ふらっと」の保育者たち !!