カウンセラーより

まだまだ暑い日が続いていますが、そんなこととは関係なく、ふらっと保育園のお友だちは元気いっぱいに遊んでいます!子ども達に会うのは週2回ほどですが、3年目ともなるとすっかりカウンセラーの私に慣れて、子ども達から「せんせい~」と声をかけてくれて一緒に遊んでもらってます。とはいえ、子ども達なりにいつも会う先生方とカウンセラーは違う存在と思っているのか、普段とは違う表情を見せてくれるように感じています。例えば、ぽつりと「ママに会いたいな」と言ったり「○○がいやなの」と困った顔でやって来たり、側にやって来て何も言わずに立っていたりします。そんな時、あなたの気持ちは分かったよと受け止めながら、子ども達の表現してくれた気持ちを大事にくみとっていくように心掛けています。自分の気持ちを受け止めてもらえると、安心してまた元の子ども集団に戻っていきます。

子ども達の気持ちの支えに少しでも役立てばいいなと思いながら、日々子ども達と会っています。

保護者の皆様で、お子さんのこと等で気になることがあれば、お気軽にご相談下さい(予約制)。相談内容は決して他の人に伝わることはありません。相談日は毎月発行しているカウンセラー通信に掲載していますので、どうぞよろしくお願いします。

看護師より♪

保育園看護師としてふらっと保育園で働き始めて3年目を迎え、お友達の成長を日々感じながら楽しくお仕事させてもらっています。

保育園では、ケガやお熱、腹痛など様々な症状が出たときに看護師と接します。そんな時、子どもたちはみんな不安な表情をしています。私はケガの状態や症状の程度を見たり聞いたりしながら、痛みや辛さに共感する声かけをして対応していきます。そして子ども達に伝える言葉があります。それは『大丈夫だよ』です。子どもたちは病気やケガをしたとき不安でいっぱいです。そんな時こそ、大人が冷静に落ち着いて対応してあげることが大切だと思います。ご家庭でもそんな場面がありましたら、お母さん、お父さんから『大丈夫だよ』と声を掛けてあげてください。きっとお子さんは安心すると思いますよ💛

保護者様となかなかお会いできる時間がないのですが、健康面などご心配なことがございましたら、ぜひお声かけ下さい。

にじ組担任より

2才児クラスにじ組は、元気いっぱいのクラスです。4月から散歩ごっこを始め、お友だちと一緒に手をつなぐうれしさや楽しさを感じ、約束も守れるようになりました。公園ではたんぽぽのわたげを吹いたり、だんご虫探しや柳の若葉の細枝に夢中になってジャンプしたりしていました。また、アリの巣に朝おやつのビスケットのかけらをあげたり、木々の下を走りまわる姿も見られました。たくさん遊んだ帰り道は保育園が遠く感じ、今にも座り込んでしまいそうな子ども達ですが、大好きなお給食を楽しみにがんばって歩いています。ご近所の方々にはいつも暖かく見守っていただきありがとうございます。今度の散歩は少し涼しくなってからかな。その時は、声をかけて頂ければと思います。
先週は七夕会があり、今年も玄関には笹が置かれ、親子で作ってくれた飾りや短冊が揺れています。見ているとほのぼのとした気持ちになり、子ども達の夢が叶うことを願っています。

おとぐみ担任より

今年は、何故か週末になると雨模様といった感じで、お出かけが雨だとうんざりになってしまいますね。梅雨明けが7月21日ごろとまだまだ油断できない天気のようです。朝は暑くても夜は寒くなったりと体調管理が難しい時期でもあるため、熱が出てお休みをしてしまう子供達もいました・・・早めに梅雨が明けてほしいものですね。
おと組では入園当初と比べるとお友達と上手にコミュニケーションが取れ一緒に遊び、ご飯を食べ、手を繋ぎ元気に遊ぶ姿は確実な成長を感じられ職員一同喜ばしく思います。外に出ると泥んこ遊びや遊具で遊び、夢中すぎてほっぺが真っ赤に!!お部屋に戻り水分補給をして給食前にひと休み。といった光景が日課となっています。そして今週より園では水遊びが始まります。元気いっぱいの子どもたち。水遊び、とっても楽しみですね♪これからどんどん暑くなってくるので、今まで以上に室温調整をし着替えや水分補給をこまめにして夏を元気に、そして安全に過ごせるように園全体で配慮していきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

ゆめぐみ 担任より

新年度が始まって2か月が経ちました。4月当初は園生活に馴染むのに一生懸命だった子どもたち、今では保育園の生活リズムにも慣れ、マイペースに過ごしています。 ゆめぐみのお友だちは、保育者との関係も築くことが出来、嬉しいことがあると私達に笑顔を向けてくれるようになりました。その笑顔が可愛いこと、可愛いこと♥毎日癒されています。 夕方になると今度は母親タイム!我が家では3人の子どもの母親として頑張っています。仕事の時のように、育児の全てにおいて寛大に、寛大に、とはなかなかなれず毎日反省の繰り返しですが…、子どもたちとお喋りや、思いっきり笑わせてから一日を終える♪ということを日課にしながら過ごしています。 これから益々暑くなっていきますね! ふらっと保育園ではそろそろ水遊びが始まります。 たくさん汗をかいて、しっかり汗を流して。ジメっとした季節も楽しんで乗り切っていきたいと思います。 皆様もスッキリとした毎日が送れますように。

小さな世界♪

あっと言う間に夏になってしまいそうな、暑い日が続いていますね。熱中症予防や対策がテレビでよく言われるようになりました。暑さに慣れていない今の時期や、じとじとしている曇りの天気では汗をかきにくく、注意が必要とニュースで言っていました。体調管理を心がけたいですね☆
新入園児のお友だちは保育園での生活に慣れ、たくさん遊んで過ごせるようになってきました。2歳児クラスへ進級した女の子が1歳児の新しいお友だちとあそんでいる場面のお話です。2歳児の女の子が『一緒にあそぼ!』と声をかけると1歳児のお友だちは、うなずいて手を差し出していました。かわいい小さな2つの手が繋がって顔を合わせ笑顔になる♡とても微笑ましい姿でした。2歳児の女の子は『お買い物いってきまーす♪』と私に教えてくれました。自分よりも小さな新しいお友だちと言葉でのやりとりがなくても一緒にあそべる、子どもの力ってすごいなぁと感じました。
0歳児の赤ちゃんたちは保育園のアイドルのようで、園庭あそびに出ると他クラスのお友だちがすぐに来てくれます。抱っこをしてあげたり、いないいないばぁをしてあげたり小さな先生になってくれます。また、赤ちゃんの不思議(なんで泣いてるの?どうしてつかまって立っているの?なんでみんなと違う給食なの?などなど)をみつけて聞いてくる姿も多く見られます。ちいさな子どもたちの小さな世界へまた、おじゃましたいと思います♪

副園長より

新年度がスタートし、早くも1ヶ月がたとうとしています。新しく仲間となったお友だちは、保護者の方と離れ小さな心と体で一生懸命にがんばっている姿が見られました。そして進級したお友だち。環境の変化に期待や不安が入りまじり、進んでお手伝いしてくれたり、グループ別の生活にとまどったりとそれぞれ様々な様子が見られます。子ども達がたくさんの経験を通して成長していく姿が楽しみです。

「花粉症?!」
私は花粉症を含むアレルギー性鼻炎です。更にここ近年「ん?」と思うことは、寒暖差アレルギー!!季節の変わり目にくしゃみ、鼻水、咳が出ます。思い当たる人もいるのでは・・・。花粉症でない人っているの?と思うくらい私の周りにはたくさんの仲間がいますが、ふらっと保育園のお友だちにも似たような症状の子がいます。この時期、風邪なのか花粉症なのか分かりませんが「花粉症なんだ」と自信を持って(?)話してくれたり「もしかして花粉症かも」なんて声が聞かれたり、子ども達にも症状や言葉が浸透していますね。

おかげさまで今年に入りインフルエンザなどの感染症は大流行していません。みんながいつも元気に過ごしていきたいです。

3年目がはじまりました

3年目のふらっと保育園に園児もそろい、一層にぎやかになりました。ブログ自体が久しぶりの相川です。今年はいよいよ異年齢保育も本格化します!グループ活動がとても楽しみですね。
乳児、3歳未満児も設立時当初の計画になり、3年目も初めてのことづくしの1年になりそうです。新たな先生方も加わって、ふらっと保育園はますますにぎやかになりました。
そして、私が園長をさせていただくことに・・・先日、見識のある先生に「そういう係だと思って努めるのがよろしいと思いますよ」との言葉をいただきました。とても気持ちが軽くなったような、緊張がほどよくほどけた心地でした。あくまで主役はこどもと先生たち。これを改めて心に刻みました。真剣に名脇役を目指して、頑張りたいと思います。
取り組み第一弾として、先生方の休憩環境をひとつ改善しました。反応の声をききながら、また改善していきたいと思います。
もう一つは、こどもたちと一緒に過ごすこと。年度はじめで事務仕事もありますが、機会を見つけて行ってきます!早速午前だけですが、幼児クラスにお邪魔しました。それぞれの子が、自分の世界を持ち、関わりあいの中で学んでいく姿をみて、とても純粋なのに人間味にあふれていて、私が忘れていた気持ちをたくさん見せてくれていました。知らぬ間に置き忘れてしまう感情があることを気づかせてもらいました。子どもに学ぶこと、たくさんあるんですね。こんなに素敵な子たちが将来どんなひとになってくれるんだろう、と期待に胸が膨らみます。今度の1年も素敵な1年になりますように。

研修担当理事より

 A場面   子ども百態・こども百態・小友百態・コドモ百態・子供百態・小供百態
    ★ 入室する大人に  持っている本を、高く掲げてやってくる子
               両手をあげて、激しく突進してくる子
               両足のトンネルに、笑顔で頭を突っ込む子
    ★ 園庭にて仲間と  無我夢中で、目的もなく、ただ走りまわる子
               無言で、やみくもに、砂山を作り続ける子
               必死で、ジャングルジムの頂上を目指す子
    ★ 室内の片隅で   仮キッチンで、パスタ料理を楽しむ子
               父母を真似て、大人の会話を楽しむ子
               机に向かい電車のデザインに打ち込む子
        ➡ 自分自身の力で、考え、判断し、行動する「ふらっと」の子どもたち !!
 B場面 鼻水が出ている子どもを目前にした、保育者は?
    ★(過去の対応) 「鼻水が出ているよ!」と言って、保育者が、強制的にちり紙で鼻水を拭きとる。
    ★(現在の対応) 「鼻水が出ているよ!」と言って、保育者が、「Aちゃん、どうする?」と尋ねる。
        ➡ 子どもの考えや、子どもの気持ちを大事にする「ふらっと」の保育者たち !!

副主任より

今年も残り少なくなりました…冬真っ只中ですが⛄9月のお話をさせてください!!
今年も3,4,5歳児でディキャンプへ行ってきました♬

実は途中、小雨が降ってしまいました…
私の心中は【えーーーー降ってきちゃった…残念。どうしよう。。】
と、雨の対策や困った事ばかりが浮かんだのですが…
子どもたちは、なんのそのッ!!
『きゃー雨だーーー!!!』と
大きなテント下で雨宿りができるにも関わらず、広場に飛びだしました。濡れるとテントに戻り、テントに打ち付ける雨音を楽しみ♪たまった雨水がテントから一筋、流れ落ちるとそれもまた不思議☆地面に飛び散る泥んこに目がきらきら✨次には、何が始まるんだろうと見守っていると、なんと………
その一筋の滝に頭を差し出しました!!!楽しそうな事はすぐに広がり、子ども達は列になって頭を濡らして喜んでいました。

そんな楽しみ方があるのかと、子どもの発見する力から雨の楽しみ方を学ばせてもらいました!

レインコートを着せてもらうと、雨音が変わり…♪それは、また楽しいことになり雨の中、探検が始まりました♪

【雨=嫌なこと】と思っていた私…
これからは、【雨→非日常→楽しい!不思議発見!!やってみよう♪etc…】
子どもたちのドキドキわくわくに寄り添えるような会話を楽しみたいと思っています☆
行事を通して園内では見られない子どもたちのわくわくしている笑顔、新しい環境で真剣に取り組むカッコイイ顔、ドキドキしている顔を見る事が出来ました!

来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。