ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

副主任より

今年も残り少なくなりました…冬真っ只中ですが⛄9月のお話をさせてください!!
今年も3,4,5歳児でディキャンプへ行ってきました♬

実は途中、小雨が降ってしまいました…
私の心中は【えーーーー降ってきちゃった…残念。どうしよう。。】
と、雨の対策や困った事ばかりが浮かんだのですが…
子どもたちは、なんのそのッ!!
『きゃー雨だーーー!!!』と
大きなテント下で雨宿りができるにも関わらず、広場に飛びだしました。濡れるとテントに戻り、テントに打ち付ける雨音を楽しみ♪たまった雨水がテントから一筋、流れ落ちるとそれもまた不思議☆地面に飛び散る泥んこに目がきらきら✨次には、何が始まるんだろうと見守っていると、なんと………
その一筋の滝に頭を差し出しました!!!楽しそうな事はすぐに広がり、子ども達は列になって頭を濡らして喜んでいました。

そんな楽しみ方があるのかと、子どもの発見する力から雨の楽しみ方を学ばせてもらいました!

レインコートを着せてもらうと、雨音が変わり…♪それは、また楽しいことになり雨の中、探検が始まりました♪

【雨=嫌なこと】と思っていた私…
これからは、【雨→非日常→楽しい!不思議発見!!やってみよう♪etc…】
子どもたちのドキドキわくわくに寄り添えるような会話を楽しみたいと思っています☆
行事を通して園内では見られない子どもたちのわくわくしている笑顔、新しい環境で真剣に取り組むカッコイイ顔、ドキドキしている顔を見る事が出来ました!

来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。

第2回 平成30年度ふらっと保育園説明会のご案内

10月14日(土)に、来年度入園予定者を対象とした保育園説明会・見学会を行います。

日程(受付は各5分前より)

9:30~       受付開始

9:30~ 10:00 園内見学(ご自由にご覧下さい)

10:00~10:50 説明会

 

参加希望される方は、保育園へお電話にてお申し込み下さい。

枠に限りがあり、事前にお申し込み頂いた方のみを対象とさせて頂きます。ご参加お待ちしております。

(c)google map

平成30年度 ふらっと保育園 説明会・見学会のお知らせ

9月21日(木)に、来年度入園予定者を対象とした保育園説明会・見学会を行います。

日程(受付は各5分前より)

9:25        第1グループ受付開始

9:30~ 9:45 第1グループ園内見学

9:55~10:45 説明会(原山会館)

10:45~11:00 第2グループ保育園へ移動 受付

11:00~11:15 第2グループ園内見学

 

参加希望される方は、保育園へお電話にてお申し込み下さい。

枠に限りがあり、事前にお申し込み頂いた方のみを対象とさせて頂きます。ご参加お待ちしております。

(c)google map

 

副園長より

ブログの間があいてしまいました。すみません。菅野です。
今年は梅雨明けがはっきりしなかったり、8月に入って連続の雨だったりとおかしな気候ですね。

先日、早番時に小さいお友だちが1人の幼児のお兄さんが登園して来たことを喜び(いつも来るのを待っているのかな?)、パズルがはまらなくて困るとそのお兄さんに助けを求め、お兄さんも心良く教えてあげている。そんなほっこりする場面にお兄さんの優しさや成長を感じられ、癒されました。他にも泣いているお友だちに「どうしたの?」と声をかけている姿や困っているお友だちに「手伝ってあげる」と頼もしい言葉が所々で聞かれます。ふらっと保育園には、子ども達のやさしい気持ちがたくさん見られます!

秋には、様々な行事がたくさんあります。子ども達と一緒に楽しく過ごしたいと思います。

園長代理より

新年度が始まり、一ヵ月が経ちました。今年は園長代理という職掌を務めさせていただくことになりました。
なにやら仰々しい響きですね。しかし、より地味にやっていこうと思っています。事務中心の去年でしたが、その継続ではなく、去年みつけた課題一つひとつにじっくり取り組んでいきたいと思います。
去年から発見続きの毎日です。前勤務先で学んだ「日に新た」の考え方を思いだして、自分自身、新鮮にものをみつめる目を養っていこうと思います。そして原則や現場、現実といった大切なものごとを、丁寧に受けとめて、今私自身に何ができるのかを考えます。
園の先生(ブログですし、親しみとして先生と呼びたく思います)一人ひとりも意識をさらに高めていて、私も刺激を受けています。自らの固定観念を打ち破る人、似て非なるところでは他者の価値観を肌で感じるべく心を磨く人、そして子どもが一人として同じではないことを深く考え原点回帰する人、様々に磨いています。その道の経験を積んだ人が基本に立ち返ることほど強力なことはなく、保育園にとって心強いことはないと感じています。つまるところ、原点回帰がどれだけ気力の要ることかと、身の引き締まる思いです。まじめな記事になってしまいましたが、率直に感じていることをそのままに書いてみました。
まだまだ園の柱を築く土台作りにかかることがたくさんありますが、楽しみながら進めていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です