副主任桑原の研修日記!

今年も早いもので、一年の締めくくりの時期になりました。

 

副主任の桑原久子です。

 

ポインセチアのかわいいお花をあちらこちらで見かけられるようになり、クリスマスを感じますね。

 

 

私は、10月からの2ヶ月間で神奈川にある淵野辺保育園で実習をさせていただきました。

 

関西から越して来て、初めて見学させて頂いた園が淵野辺保育園でした。

園長先生の細部までこだわられた素敵な広い園舎に、関東の保育園は、こんなに立派なのかしらと…

ただただ驚きました。

 

保育室以外のスペースでブックラウンジがあったり、園庭も至る所にあり、慣れるまで何度も迷子になってしまいました♪

 

インクルーシブ保育に歴史があったり、剣道保育、英語、手話と様々な事に取り組まれており毎日が勉強でした。

 

ベター保育研究会という毎月の会議がありました。よりよい保育にむけて色んな視点から学ばれていたり、その中で議論し繋げていく内容の深い会議にも参加させて頂きました。

 

最終日が、ベター保育研究会でした。その中で、2ヶ月間も実習させて頂いた私に職員の皆様から心暖まる拍手を頂きました。

 

とても嬉しかったです。何にも変えれない忘れられない宝物になりました。

 

研修を2ヶ月間もさせて頂くことを快く受けていただいた、松岡園長先生をはじめ、副園長先生、統括主任の先生、クラスの先生方、優しく丁寧に教えて頂いたこと、心より感謝します。

 

たくさん学ばせて頂いたことを、ふらっと保育園カラーに変えて取り入れていきたいと思います。

 

これから、どんどん寒くなりますね。皆様、風邪など召されませぬようご自愛ください。

 

主任の菅野です

 

あっという間に年末ですね。寒いのが苦手な私(菅野です)にはつらい季節になりました。

インフルエンザやウィルス性胃腸炎などの感染症にも気をつけないといけない時期ですね。

 

我が家は家族みんなでインフルエンザの予防接種を受けます。

でも、感染するのは決まって長女か次男・・・それも1年ごと交互に。単独で他の家族にはうつらないという不思議な現象なんです。

(私と旦那さんと長男は感染した事がありません)

苦手なウィルスが違うのかな?

 

家族5人分の予防接種代はかなり大変ですが、やはり受けないと心配です。

 

皆さんはインフルエンザの予防接種、受ける派ですか?受けない派ですか?

 

園籍管理システム・給食管理システムの設計・構築、運用に関しての公募

社会福祉法人みんなぎでは、「ふらっと保育園 園籍管理システム・給食管理システムの設計・構築、運用に関して」一般競争入札による公募を行います。

詳しくは以下のリンクをご参照の上、ご検討下さい。

・公示

https://www.dropbox.com/s/qf307so13slw3lx/%E5%85%AC%E7%A4%BA.docx?dl=0

 

・入札説明書

https://www.dropbox.com/s/sg59fl7jv500xi6/%E5%85%A5%E6%9C%AD%E8%AA%AC%E6%98%8E%E6%9B%B8.docx?dl=0

 

・入札参加申込書

https://www.dropbox.com/s/erv5ih2r0ud8ni2/%E5%85%A5%E6%9C%AD%E5%8F%82%E5%8A%A0%E7%94%B3%E8%BE%BC%E6%9B%B8.doc?dl=0

 

・入札書

https://www.dropbox.com/s/j6sbv6e75nitlii/%E8%B3%AA%E5%95%8F%E6%9B%B8.doc?dl=0

 

・質問書

https://www.dropbox.com/s/46u92mmg3zyx0hx/%E5%85%A5%E6%9C%AD%E6%9B%B8.doc?dl=0

 

・委任状

https://www.dropbox.com/s/4vnp1k2v6h9odkv/%E5%A7%94%E4%BB%BB%E7%8A%B6.doc?dl=0

ふらっと「な」保育園

みなさんいかがお過ごしでしょうか。 (法人設立しましたので)副園長の相川です。   日ごと寒暖差もあり、少々のどが痛いこともあります。 体調管理も大切なことだと反省しています。

さて、タイトルですが 保育園をつくろうとしています。   こどもが主役なのは言うまでもありませんが ふらっとでは、おとなも主役です。  誰にとっても充実した時間になりますようにと 未来を描いているところです。

ふらっと保育園の柱のひとつに自然を大切にすることがあります。 そのテーマの裏には、アナログの良さを際立たせる為の デジタルの良さを活用するという課題もあるのです。まず見えるところでは、セキュリティ連動の カードがあることが挙がります。 安全性と風通しの良さの両立に努めようとした結果です。

このブログで、その仕組みなどにも 少しずつ焦点をあてていきたいと思います。

 

社会福祉法人みんなぎ 相川

保育内容に対して

昨日、一昨日と、保育園建設予定地の近くにある、原山会館にて第1志望者面接を実施しました。雨やマラソンなどご不便おかけしましたが、ご来場者の皆様本当にありがとうごじざいました。

 

色々な保護者の方とお話しさせていただきましたが、子どもに対する熱い気持ちをまじまじとうけることができ、気持ち新たにする二日間になりました。

 

良くあるご質問の中に、幼稚園的な?というお話しがあります。これは私事ですが、実は私たちの家族も保育園をさがしています。自分の保育園にいれたいのですが、それはだめといわれていまして。うちの子どもは0歳9ヶ月ですが、のびのびとした環境で育って欲しいと考えております。保育園探しの基準として、入れることはもちろんですが、目的をもって思いっきり遊べる環境はないか?に重点を置いて探しております。そんななかで、ある保育園では小学校の入学に向けて座って、落ち着いて取り組む環境作りをするため、そのような時間を作っていますという保育園がいくつかありました。とても熱心な姿勢に頭が下がる思いであるのと同時に、どうして?と言う疑問がわきます。良く聞くと、小学校から要求されているというのです。

これはまずい!と思いました。ふらっと保育園では、上記のような時間を意図的に作ることはまったく考えていません。乳幼児期に必要なことは、おもいっきり遊ぶこと。それは、意図的ではなく、子どもの願いにそったものでなければならないはずです。

私たちの保育園はこう考えます。幼小連携に本当に必要なことは、そういった保育園で子どものトレーニングをさせることが大事なのではなく、保育園の先生と小学校の先生が手を取り合って連携するために手を尽くすことだと思います。極論、保育士が小学校に行って授業のサポートもありじゃないかな?とも思っています。(やれるかどうかはべつにして)

もしかすると、ふらっと保育園の卒園生は、1年生にはいると、落ち着きがない!とおこられるかもしれません。その時は、ごめんなさいと言います。でも、その瞬間ではなく、高学年以降の姿を見て下さい。ふらっとの子どもはのびがいいね!といわれるようにしたいと思っています。

最後に、制服について。どうして、制服?というご質問を受けます。これは、やみくもにではなく、意味があります。一つは、安全面。地域の目からも分かるようにして、みんなでささえてもらいという想いです。そしてもう一つは、帰属意識。ふらっとのという気持ちをもつことで、共に高まって欲しいと思っています。子どもの伸びる仕掛けの一つとして、制服が活躍すると期待しています。

長くなりました。お話しすればするほど、わくわくすることがおおくあります。みなさまからのたくさんの質問、そしてレクチャーを楽しみにしています。

 

木村

準備室長より

みなさん!

今、話題の「国際バカロレア」について、ご存じですか?

 

ふらっと保育園」は、

この国際バカロレアの精神を

保育園経営のベースにしようと考えていますよ。

 

「国際バカロレア」は、

「Internatinal  Baccalaureate」と言います。

人々は、略して、「IB」と呼びます。

 

この「IB」を、

「英会話や英語の学習」と誤解している人がいます。

これは、間違いですよ。

 

また、小学校や中学校受験のための勉強のひとつで

受験に有利だと考えている人もいます。

これも、間違いですよ。

 

「じゃなんなのよ!」

「IB」の目的は、人づくりなんですよ!

しかし、人々に生殖を推奨して、

たくさんの人を造り出すことじゃないよ!

 

実は、地球上に、

平和なすばらしい世界を築き上げるために、

ストラグルする・全力を傾注する・すべてをかけてアタックする

そんなアグレッシブな若者たちを、

世界中に、たくさん育てようということなんですよ!!

 

 

このあとは、まだまだ続きます。

「ふらっと保育園」の研修担当:轟木(とどろき)で~す。

説明会を終えて・Q&A

10月24日(土)、25日(日)の二日間、大宮にて説明会を実施致しました。当日はお忙しい中、たくさんのご来場頂きまして、ありがとうございました。

頂いた質問等をまとめさせて頂きます。

Q1:食後のはみがきの有無

A:行います。

Q2:園バスについての運行予定は?

A:現在園バスについては検討中です。入園が決まった保護者の皆様のご要望を考慮の上、決定します。現時点では未定です。

Q3:駐車場について

A:保護者会より一部費用負担を、お願いする予定です。利用者の状況を見て駐車場の確保を検討致しますが、朝の混雑が予想されますので、あらかじめ余裕を持って登園されるようお願い致します。降園についても同様です。基本的には、月に使う可能性がある方には登録をお願いします。

Q4:制服・体操着等について

A:推奨品や任意品については、ご家庭のご判断でご購入をお願いします。園の制服は推奨としております。制服そのものは、子どもの帰属意識を高めると同時に、周辺地域の方への周知など、遠足などの園外活動の際に安全性と視認性を高めるものとして有効だと考えております。

Q5:保護者のあつまりについて

A:保護者会については、役員の方には2ヶ月に一回程度、全体では年2回程度総会を予定したいと考えております。それ以外には、年1回以上保護者の方に保育参加をお願いします。

Q6:送迎時のカードセキュリティーについて

A:園内への出入りについては、登録したカードによるセンサーを通じた出入りをお願いします。2名以上の出入りがある場合は、2枚以上のカードをご購入頂くようお願いします。

Q7:ひらがな・カタカナ・リトミック・体操など

A:私たちの園では上記の内容を時間を設定して行う事を異年齢保育実施時間中(8:30

~16:00)には予定しておりません。子ども達の様子・保育士間の相談の元、こどもの「探究」

的活動に必要であれば検討する事はあり得ます。年間の遊びについては、年間目標・5領域・指導計画にもとづいた内容で随時検討致します。保護者の皆様には、子ども達の様子や相談の結果こうだったからこんな遊びを行ったというような報告そして、こんな様子だけども、どうしようかなどみなさまとも相談しながら遊びを決定したいと考えています。

構成主義による学びの中では、従前の教科活動のような時間の規定は設定されません。その点ご理解頂ければと思います。

ただし、16:00以降課外活動のような形で、子どもが選択すれば、英語や音楽などにも触れる時間が取れればとは考えております。

Q8:土曜日の保育料

A:土曜日の開所時間は8時から19時です。この時間の保育料の徴収は行いません。

Q9:ベビーカーを置いて出勤できるか

A:検討致します。

Q10:タオルレンタルについて

A:検討しております。

Q11:園舎の見学について

A:園舎の竣工は3月を予定しております。従いまして、3月までは園舎の見学等はできません。あらかじめご了承ください。

 

また、こんなお声を頂きました。「原山につくってくれてありがとうございます。」私たち職員一同、この声を大きな力として、頑張りたいと思います。