園長代理より

新年度が始まり、一ヵ月が経ちました。今年は園長代理という職掌を務めさせていただくことになりました。
なにやら仰々しい響きですね。しかし、より地味にやっていこうと思っています。事務中心の去年でしたが、その継続ではなく、去年みつけた課題一つひとつにじっくり取り組んでいきたいと思います。
去年から発見続きの毎日です。前勤務先で学んだ「日に新た」の考え方を思いだして、自分自身、新鮮にものをみつめる目を養っていこうと思います。そして原則や現場、現実といった大切なものごとを、丁寧に受けとめて、今私自身に何ができるのかを考えます。
園の先生(ブログですし、親しみとして先生と呼びたく思います)一人ひとりも意識をさらに高めていて、私も刺激を受けています。自らの固定観念を打ち破る人、似て非なるところでは他者の価値観を肌で感じるべく心を磨く人、そして子どもが一人として同じではないことを深く考え原点回帰する人、様々に磨いています。その道の経験を積んだ人が基本に立ち返ることほど強力なことはなく、保育園にとって心強いことはないと感じています。つまるところ、原点回帰がどれだけ気力の要ることかと、身の引き締まる思いです。まじめな記事になってしまいましたが、率直に感じていることをそのままに書いてみました。
まだまだ園の柱を築く土台作りにかかることがたくさんありますが、楽しみながら進めていこうと思います。