ゆめぐみ 担任より

新年度が始まって2か月が経ちました。4月当初は園生活に馴染むのに一生懸命だった子どもたち、今では保育園の生活リズムにも慣れ、マイペースに過ごしています。 ゆめぐみのお友だちは、保育者との関係も築くことが出来、嬉しいことがあると私達に笑顔を向けてくれるようになりました。その笑顔が可愛いこと、可愛いこと♥毎日癒されています。 夕方になると今度は母親タイム!我が家では3人の子どもの母親として頑張っています。仕事の時のように、育児の全てにおいて寛大に、寛大に、とはなかなかなれず毎日反省の繰り返しですが…、子どもたちとお喋りや、思いっきり笑わせてから一日を終える♪ということを日課にしながら過ごしています。 これから益々暑くなっていきますね! ふらっと保育園ではそろそろ水遊びが始まります。 たくさん汗をかいて、しっかり汗を流して。ジメっとした季節も楽しんで乗り切っていきたいと思います。 皆様もスッキリとした毎日が送れますように。

小さな世界♪

あっと言う間に夏になってしまいそうな、暑い日が続いていますね。熱中症予防や対策がテレビでよく言われるようになりました。暑さに慣れていない今の時期や、じとじとしている曇りの天気では汗をかきにくく、注意が必要とニュースで言っていました。体調管理を心がけたいですね☆
新入園児のお友だちは保育園での生活に慣れ、たくさん遊んで過ごせるようになってきました。2歳児クラスへ進級した女の子が1歳児の新しいお友だちとあそんでいる場面のお話です。2歳児の女の子が『一緒にあそぼ!』と声をかけると1歳児のお友だちは、うなずいて手を差し出していました。かわいい小さな2つの手が繋がって顔を合わせ笑顔になる♡とても微笑ましい姿でした。2歳児の女の子は『お買い物いってきまーす♪』と私に教えてくれました。自分よりも小さな新しいお友だちと言葉でのやりとりがなくても一緒にあそべる、子どもの力ってすごいなぁと感じました。
0歳児の赤ちゃんたちは保育園のアイドルのようで、園庭あそびに出ると他クラスのお友だちがすぐに来てくれます。抱っこをしてあげたり、いないいないばぁをしてあげたり小さな先生になってくれます。また、赤ちゃんの不思議(なんで泣いてるの?どうしてつかまって立っているの?なんでみんなと違う給食なの?などなど)をみつけて聞いてくる姿も多く見られます。ちいさな子どもたちの小さな世界へまた、おじゃましたいと思います♪

副園長より

新年度がスタートし、早くも1ヶ月がたとうとしています。新しく仲間となったお友だちは、保護者の方と離れ小さな心と体で一生懸命にがんばっている姿が見られました。そして進級したお友だち。環境の変化に期待や不安が入りまじり、進んでお手伝いしてくれたり、グループ別の生活にとまどったりとそれぞれ様々な様子が見られます。子ども達がたくさんの経験を通して成長していく姿が楽しみです。

「花粉症?!」
私は花粉症を含むアレルギー性鼻炎です。更にここ近年「ん?」と思うことは、寒暖差アレルギー!!季節の変わり目にくしゃみ、鼻水、咳が出ます。思い当たる人もいるのでは・・・。花粉症でない人っているの?と思うくらい私の周りにはたくさんの仲間がいますが、ふらっと保育園のお友だちにも似たような症状の子がいます。この時期、風邪なのか花粉症なのか分かりませんが「花粉症なんだ」と自信を持って(?)話してくれたり「もしかして花粉症かも」なんて声が聞かれたり、子ども達にも症状や言葉が浸透していますね。

おかげさまで今年に入りインフルエンザなどの感染症は大流行していません。みんながいつも元気に過ごしていきたいです。

3年目がはじまりました

3年目のふらっと保育園に園児もそろい、一層にぎやかになりました。ブログ自体が久しぶりの相川です。今年はいよいよ異年齢保育も本格化します!グループ活動がとても楽しみですね。
乳児、3歳未満児も設立時当初の計画になり、3年目も初めてのことづくしの1年になりそうです。新たな先生方も加わって、ふらっと保育園はますますにぎやかになりました。
そして、私が園長をさせていただくことに・・・先日、見識のある先生に「そういう係だと思って努めるのがよろしいと思いますよ」との言葉をいただきました。とても気持ちが軽くなったような、緊張がほどよくほどけた心地でした。あくまで主役はこどもと先生たち。これを改めて心に刻みました。真剣に名脇役を目指して、頑張りたいと思います。
取り組み第一弾として、先生方の休憩環境をひとつ改善しました。反応の声をききながら、また改善していきたいと思います。
もう一つは、こどもたちと一緒に過ごすこと。年度はじめで事務仕事もありますが、機会を見つけて行ってきます!早速午前だけですが、幼児クラスにお邪魔しました。それぞれの子が、自分の世界を持ち、関わりあいの中で学んでいく姿をみて、とても純粋なのに人間味にあふれていて、私が忘れていた気持ちをたくさん見せてくれていました。知らぬ間に置き忘れてしまう感情があることを気づかせてもらいました。子どもに学ぶこと、たくさんあるんですね。こんなに素敵な子たちが将来どんなひとになってくれるんだろう、と期待に胸が膨らみます。今度の1年も素敵な1年になりますように。

研修担当理事より

 A場面   子ども百態・こども百態・小友百態・コドモ百態・子供百態・小供百態
    ★ 入室する大人に  持っている本を、高く掲げてやってくる子
               両手をあげて、激しく突進してくる子
               両足のトンネルに、笑顔で頭を突っ込む子
    ★ 園庭にて仲間と  無我夢中で、目的もなく、ただ走りまわる子
               無言で、やみくもに、砂山を作り続ける子
               必死で、ジャングルジムの頂上を目指す子
    ★ 室内の片隅で   仮キッチンで、パスタ料理を楽しむ子
               父母を真似て、大人の会話を楽しむ子
               机に向かい電車のデザインに打ち込む子
        ➡ 自分自身の力で、考え、判断し、行動する「ふらっと」の子どもたち !!
 B場面 鼻水が出ている子どもを目前にした、保育者は?
    ★(過去の対応) 「鼻水が出ているよ!」と言って、保育者が、強制的にちり紙で鼻水を拭きとる。
    ★(現在の対応) 「鼻水が出ているよ!」と言って、保育者が、「Aちゃん、どうする?」と尋ねる。
        ➡ 子どもの考えや、子どもの気持ちを大事にする「ふらっと」の保育者たち !!

副主任より

今年も残り少なくなりました…冬真っ只中ですが⛄9月のお話をさせてください!!
今年も3,4,5歳児でディキャンプへ行ってきました♬

実は途中、小雨が降ってしまいました…
私の心中は【えーーーー降ってきちゃった…残念。どうしよう。。】
と、雨の対策や困った事ばかりが浮かんだのですが…
子どもたちは、なんのそのッ!!
『きゃー雨だーーー!!!』と
大きなテント下で雨宿りができるにも関わらず、広場に飛びだしました。濡れるとテントに戻り、テントに打ち付ける雨音を楽しみ♪たまった雨水がテントから一筋、流れ落ちるとそれもまた不思議☆地面に飛び散る泥んこに目がきらきら✨次には、何が始まるんだろうと見守っていると、なんと………
その一筋の滝に頭を差し出しました!!!楽しそうな事はすぐに広がり、子ども達は列になって頭を濡らして喜んでいました。

そんな楽しみ方があるのかと、子どもの発見する力から雨の楽しみ方を学ばせてもらいました!

レインコートを着せてもらうと、雨音が変わり…♪それは、また楽しいことになり雨の中、探検が始まりました♪

【雨=嫌なこと】と思っていた私…
これからは、【雨→非日常→楽しい!不思議発見!!やってみよう♪etc…】
子どもたちのドキドキわくわくに寄り添えるような会話を楽しみたいと思っています☆
行事を通して園内では見られない子どもたちのわくわくしている笑顔、新しい環境で真剣に取り組むカッコイイ顔、ドキドキしている顔を見る事が出来ました!

来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。

第2回 平成30年度ふらっと保育園説明会のご案内

10月14日(土)に、来年度入園予定者を対象とした保育園説明会・見学会を行います。

日程(受付は各5分前より)

9:30~       受付開始

9:30~ 10:00 園内見学(ご自由にご覧下さい)

10:00~10:50 説明会

 

参加希望される方は、保育園へお電話にてお申し込み下さい。

枠に限りがあり、事前にお申し込み頂いた方のみを対象とさせて頂きます。ご参加お待ちしております。

(c)google map

副園長より

ブログの間があいてしまいました。すみません。菅野です。
今年は梅雨明けがはっきりしなかったり、8月に入って連続の雨だったりとおかしな気候ですね。

先日、早番時に小さいお友だちが1人の幼児のお兄さんが登園して来たことを喜び(いつも来るのを待っているのかな?)、パズルがはまらなくて困るとそのお兄さんに助けを求め、お兄さんも心良く教えてあげている。そんなほっこりする場面にお兄さんの優しさや成長を感じられ、癒されました。他にも泣いているお友だちに「どうしたの?」と声をかけている姿や困っているお友だちに「手伝ってあげる」と頼もしい言葉が所々で聞かれます。ふらっと保育園には、子ども達のやさしい気持ちがたくさん見られます!

秋には、様々な行事がたくさんあります。子ども達と一緒に楽しく過ごしたいと思います。

園長代理より

新年度が始まり、一ヵ月が経ちました。今年は園長代理という職掌を務めさせていただくことになりました。
なにやら仰々しい響きですね。しかし、より地味にやっていこうと思っています。事務中心の去年でしたが、その継続ではなく、去年みつけた課題一つひとつにじっくり取り組んでいきたいと思います。
去年から発見続きの毎日です。前勤務先で学んだ「日に新た」の考え方を思いだして、自分自身、新鮮にものをみつめる目を養っていこうと思います。そして原則や現場、現実といった大切なものごとを、丁寧に受けとめて、今私自身に何ができるのかを考えます。
園の先生(ブログですし、親しみとして先生と呼びたく思います)一人ひとりも意識をさらに高めていて、私も刺激を受けています。自らの固定観念を打ち破る人、似て非なるところでは他者の価値観を肌で感じるべく心を磨く人、そして子どもが一人として同じではないことを深く考え原点回帰する人、様々に磨いています。その道の経験を積んだ人が基本に立ち返ることほど強力なことはなく、保育園にとって心強いことはないと感じています。つまるところ、原点回帰がどれだけ気力の要ることかと、身の引き締まる思いです。まじめな記事になってしまいましたが、率直に感じていることをそのままに書いてみました。
まだまだ園の柱を築く土台作りにかかることがたくさんありますが、楽しみながら進めていこうと思います。

新年度をむかえて(園長より)

いよいよ今年も新年度がスタートしました。新しいお友達を迎えて、ふらっと保育園のわくわくどきどきが始まっています。

開園から一年を迎え、今年のテーマは「あたたかい保育」です。子ども一人ひとりの想いや願いを受け止めることのできる環境、保育にあたる職員一人ひとりの心構え、一つ一つに丁寧に取り組み、実践を重ねていきたいと思います。

 

今年は、幼児のクラスでは、コーナー保育を実践しています。まだまだ、うまくいっていないところがいっぱいありますが、みんなで話し合いながら、よりよい保育内容に向けて、進んでいきたいと思います。